冬の天ぷらレシピ

冬の天ぷらレシピ

暦で12〜2月は寒い冬の季節です。冬に収穫する野菜は、寒さに耐え抜く力を持っていてとてもありがたい食材です。家族や仲間と集まって冬の天ぷらをいただくのもおススメです。この季節は行事が多く、人が集まる機会も増えることも多いでしょう。

冬の天ぷらの楽しみ方

冬ってどんな季節?

冬は全身が冷えて活動が鈍る季節です。同時に暖かい季節を待ちながら、エネルギーを蓄える季節でもあります。体を温めてくれるような食材を必要としています。

12月:年の瀬

新年を迎える準備で忙しい季節です。そんな中のお茶の席は、あわただしさを忘れるのにぴったりのひと時です。語らいを一層深める料理を作ります。

1月:初釜

新年を祝う心を込めた献立が並びます。華やかで品数多く、祝儀の食材を取り入れます。なかなか会えない仲間とも挨拶できる、楽しい行事です。

2月:夜咄

節分や初午など、春の兆しを感じながらも、まだ極寒の季節です。体を温めてくれる料理で、春の芽生えを楽しみます。
ページのトップへ

おいしい冬野菜の天ぷらたち

冬野菜の多くは土の中で冬を過ごすため、体を温める働きがあります。加熱調理に向く野菜が多いのも特徴です。

「ごぼう」の天ぷら

「ごぼう」は11〜1月が旬です。ささがきや千切りにして、しゃきしゃきとした歯ごたえが楽しめます。

「れんこん」の天ぷら

「れんこん」は11〜2月と比較的長い期間楽しめる冬野菜です。「ごぼう」や「なす」などと一緒に調理されることがよくあります。

春菊の天ぷら

春菊は香りが良く、生食・和え物・煮物・鍋物などにして食べられます。日本では食用としてなじみがありますが、春菊を食べる国は少ないようです。
ページのトップへ